前橋駅発着の「駅からハイキング」コースの企画に取り組みました

国際コミュニケーション学部の「ビジネス・リーダー論」の授業では例年、社会と連携したプロジェクトにグループで取り組むことを通じて、問題解決力や創造力、タイム・マネジメントやコミュニケーション力などリーダーとして必要なスキルを向上させることを目指しています。今年度は、前橋市産業経済部にぎわい商業課商業振興係と公益財団法人前橋観光コンベンション協会と連携して、中心市街地の活性化も念頭に、前橋駅発着の「駅からハイキング」コースの企画に取り組みました。

5月16日には前橋市産業経済部にぎわい商業課の方から「前橋市中心市街地の現状」、公益財団法人前橋観光コンベンション協会の方から「観光を取り巻く現状と“駅からハイキング”プラン」の講義を賜りました。6月17日には「前橋ツアー」を実施し、前橋駅からけやき並木通り、馬場川通り、群馬県庁展望ホール、前橋公園、るなぱあく、広瀬川、前橋文学館、中心市街地、アーツ前橋などを一日かけて巡りました。そして7月20日には「駅からハイキング」企画発表会を開催し、前橋市・同協会・JR東日本の皆様の前でプレゼンテーションを行いました。5つのグループから、@テーマ性(アナログ、子供の自主性涵養、SNS投稿)、Aターゲット(親子、若い女性、女子大生)、B運営の工夫(スタンプラリー、ミステリーな地図、インスタグラム)などの点で様々な趣向を凝らしたプランが発表されました。今後JR東日本とも連携し、プランの実現を目指していきます。

学生からは「この授業がなければ前橋についてこんなに知れなかった」「価値があるのは、女子大生ならではの視点であると気づいた」「プランを考えることは難しかったが、皆で協力して色々と話し合った時間はとても有益であった」という感想が寄せられました。

学生の活動の様子 学生の活動の様子 学生の活動の様子 学生の活動の様子