国際コミュニケーション学部のゼミの活動〜
東北・熊本復興応援チャリティ・リレーマラソン東京2017を応援しました

「東北・熊本復興応援チャリティー・リレーマラソン東京2017」(主催:公益社団法人日本フィランソロピー協会、後援:文部科学省・岩手県教育委員会・宮城県教育委員会・東京都教育委員会・高森町教育委員会)は、次代を担う東北と東京と熊本の中学生が被災地の現状と課題を共有し、自分たちで解決したい課題を選択し、募金活動やボランティア活動を通して、共に行動する被災地復興支援活動です。国際コミュニケーション学部の「社会デザイン論ゼミナール」のゼミ生は、「ビジネス・リーダ論」の受講生と共に、7月2日に道の駅「玉村宿」で募金活動を実施し、7月16日のチャリティ・リレーマラソン当日には、ルートを誘導し危険を回避するボランティアを行いました。参加した学生からは「中学生のチカラに改めて気付かされた」「中学生が元気に走っている姿や違う地域同士の子たちが仲良く話しているのをみてとても感動した」「つらい状況の中でも夢を抱き、前に進もうとする中学生の姿をみて逆に私達が勇気を貰った」という感想が寄せられ、貴重な学びの機会となりました。

東北復興応援チャリティ・リレーマラソン2017 (外部リンク)

学生の活動の様子 学生の活動の様子 学生の活動の様子 学生の活動の様子