玉村町が実施した「第1回たまむらの風景フォトコンテスト」に協力しました

 群馬県立女子大学と玉村町は、連携協力を行う包括協定を結んでいます。その一環として今までも、様々な事業が実施されています。

 今回の「第1回たまむらの風景フォトコンテスト」においても、実行委員会の構成メンバーとしての役割や作品審査を行う審査員での関わり、そしてチラシの制作を、美学美術史学科のデザインゼミ生が担当するなど、様々な角度から連携協力を行いました。

 2017年4月15日(土)に、表彰式が角田町長もご列席のもと玉村町文化センターで執り行われ、多くの応募作品の中からグランプリ、準グランプリ、入選、佳作の各賞の発表がありました。

 今後は、受賞作品の展覧会をはじめ、作品の活用方法などが検討されています。

第1回たまむらの風景フォトコンテスト