教員一覧

H29.4.1現在
氏名 小笠原 奈保美 OGASAWARA Naomi
所属 国際コミュニケーション学部英語コミュニケーション課程
准教授
専門等
専門分野 言語学、音声学、音声知覚、心理言語学、災害コミュニケーション
担当科目 英語研究入門(音声)、英語研究入門(音声・音韻)、音声学・音韻論ゼミナールI・II、英語(リーディング・リスニング・文法・発音・英語のしくみ・プレゼンテーション)
研究課題 音声の発話分析と知覚実験、自然災害時における避難伝達文の言語学的分析
所属学会 日本災害情報学会、アメリカ音声学会、The Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
略歴等
主な学歴 昭和61年3月 法政大学経営学部経営学科卒業
平成12年12月 東ミシガン大学大学院外国語研究科TESOL学専攻修士課程修了
平成17年4月 東ミシガン大学大学院言語研究科言語学専攻修士課程修了
平成19年5月 アリゾナ大学大学院言語研究科言語学専攻博士課程修了
学位 平成12年 TESOL修士(東ミシガン大学)
平成17年 言語学修士(東ミシガン大学)
平成19年 言語学博士(アリゾナ大学)
主な職歴 平成19年8月 国立台湾師範大学准教授
平成24年3月 会津大学准教授
平成28年4月 群馬県立女子大学准教授
社会活動 平成19年 淡江外語論叢 査読委員、Concentric: Studies in Linguistics 査読委員
平成20年 Journal of Phonetics 査読委員、Concentric: Studies in Linguistics 査読委員
平成21年 Journal of Phonetics 査読委員、Journal of the International Phonetic Association 査読委員、Concentric: Studies in Linguistics 査読委員
平成22年 Speech Communication 査読委員、Language and Linguistics 査読委員、Concentric: Studies in Linguistics 査読委員
平成23年 Concentric: Studies in Linguistics 査読委員、台湾国家科学委員会科学研究費助成事業研究課題審査委員、台湾言語学会夏期インターンシッププログラム
平成24年 会津若松市国際交流協会会津あいうえおプロジェクト(文部科学省認可会津地方在住外国人への日本語・日本文化教育プロジェクト)推進委員
平成25年 会津若松市国際交流協会会津あいうえおプロジェクト(文部科学省認可会津地方在住外国人への日本語・日本文化教育プロジェクト)推進委員、Concentric: Studies in Linguistics 査読委員、English Teaching & Learning 査読委員
平成26年 Concentric: Studies in Linguistics 査読委員
平成27年 National Science Foundation, USA 博士論文研究費助成事業研究課題審査委員
受賞歴 平成12月 Buckheister Award(東ミシガン大学)
平成12年 Graduate Meritorius Award(東ミシガン大学)
平成15-16年 P.E.O. International Peace Fund Scholarship
主要研究実績
論文 共著水害・土砂災害避難伝達文の言語学的分析 (著者:小笠原奈保美、大藤建太) 災害情報, 15(1), 印刷中のため掲載頁未定 平成29年
共著Appropriateness of acoustic characteristics on perception of disaster warnings (Authors: Naomi Ogasawara, Kenta Ofuji, & Akari Harada) The 5th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, ASA Press Room Archives http://acoustics.org/appropriateness-of-acoustic-characteristics-on-perception-of-disaster-warnings-naomi-ogasawara/ 平成28年
共著避難呼びかけ文をどう発話したら効果的か?発話の音響的特徴の影響? (著者:小笠原奈保美、大藤建太) 日本災害情報学会第18回学会大会予稿集, pp.226-227. 平成28年
単著「Analysis of Japanese pitch accent in L1 and L2 speech」『Concentric: Studies in Linguistics』第41号の2, pp.63-89 平成27年
共著「Linguistic analysis of Japanese tsunami evacuation calls」『Proceedings of the 2nd International Conference of Information and Communication Technologies for Disaster Management』pp.173-177 平成27年
共著「Truth statements in denial context: A study of prosodic, paralinguistic, and discursive cues in Japanese speakers」『Journal of Forensic Research, Special Issue』pp.1-10 平成25年
単著「Lexical representation of Japanese vowel devoicing」『Language and Speech』第56号の1, pp.5-22 平成25年
共著「会津方言の疑問文に於けるイントネーションと終助詞の関係」『Proceedings of the 147th Meeting of the Linguistic Society of Japan』pp.154-159 平成25年
共著「会津方言の疑問文の音声特徴」『Conference papers of the Dialectological Circle of Japan』pp.9-16 平成25年
単著「Acoustic analysis of voice onset time in Taiwan Mandarin and Japanese」『Concentric: Studies in Linguistics』第37号の2, pp.155-178 平成23年
共著「Processing missing vowels: Allophonic processing in Japanese」『Language and Cognitive Processes』第24号の3, pp.376-411 平成21年
共著「Lexical representation of allophones: Investigation on the speech perception and production」『The 10th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sciences』pp.105-108 平成20年
単著「Does what listeners hear affect what they say? Evidence from shadowing experiment」『Laboratory Phonology』第11号, pp.105-106 平成20年
単著「Processing of Speech Variability: Vowel Reduction in Japanese」博士論文 平成19年
共著「Prosodic structure of geminates in Japanese and Korean affixes」『音韻研究』第9号, pp.139-148 平成18年
共著「On geminates in Japanese S-adjectives」『Studies in Phonetics, Phonology and Morphology』第12号の1, pp.161-175 平成18年
単著「Catalan continuancy assimilation and dissimilation」『Proceedings of the 13th Annual Graduate and Professional Symposium on Hispanic and Luso-Brazilian Literature, Language and Culture』pp.53-60 平成15年
その他 単著 「言語学との出会い、そしてチャレンジ」 『心理学ワールド』第33号, p.32 平成18年