教員一覧

H29.4.1現在
氏名 長坂真澄 NAGASAKA Masumi
所属 文学部総合教養学科
准教授
専門等
専門分野 哲学・独仏現象学
担当科目 哲学A、批判哲学の系譜、思考と認識、西洋思想1〜4、表現・思想系演習3・4、思考と言語演習1・2(院)・思考と言語研究(院)、読書の楽しみ1c、リベラルアーツ入門1・2、フィールドワーク基礎・演習・個別
研究課題 知の知自身による自己批判としての哲学
所属学会 宗教哲学会、日仏哲学会、日本現象学会、京都ユダヤ思想学会、日本哲学会、日本倫理学会、表象文化論学会
略歴等
主な学歴 平成17年3月京都大学文学部人文学科哲学基礎文化学系専攻  宗教学専修卒業
平成19年3月京都大学大学院文学研究科思想文化学専攻  宗教学専修修士課程修了
平成21年7月 トゥールーズ第二大学(フランス) Université de Toulouse II - Le Mirail 大学院 École doctorale Allph@ (Arts, Lettres, Langues, Philosophie, Communication)(芸術/文学/言語/哲学/通信研究科)専攻
ERRaPhiS (Équipe de recherche sur les rationalités philosophiques et les savoirs)(哲学的合理性と知についての学)専修
新ルーヴァン・カトリック大学(ベルギー)  Université catholique de Louvain, Institut supérieur de philosophie(高等哲学研究所) Faculté des sciences philosophiques(哲学)専攻
(philosophie allemande et française)(独仏哲学)専修
ヴッパータール大学(ドイツ) Bergische Universität Wuppertal, Kultur- und Geisteswissenschaften(文化人文学)専攻
Philosophie(哲学)専修
修士課程(Erasmus Mundus EuroPhilosophie)修了
平成25年3月京都大学大学院文学研究科思想文化学専攻  宗教学専修博士後期課程研究指導認定退学
平成25年9月 トゥールーズ第二大学(フランス)
Université de Toulouse II - Le Mirail 大学院 École doctorale Allph@ (Arts, Lettres, Langues, Philosophie, Communication)(芸術/文学/言語/哲学/通信研究科)専攻
ERRaPhiS (Équipe de recherche sur les rationalités philosophiques et les savoirs)(哲学的合理性と知についての学)専修
ヴッパータール大学(ドイツ) Bergische Universität Wupperta,l Kultur- und Geisteswissenschaften(文化人文学)専攻
Philosophie(哲学)専修
博士課程修了(独仏二か国共同指導契約による)
学位 平成17年 文学修士(京都大学)
平成21年 哲学修士(トゥールーズ第二大学、新ルーヴァン・カトリック大学、ヴッパータール大学)
平成25年 哲学博士(トゥールーズ第二大学)
主な職歴 平成26年4月日本学術振興会特別研究員(PD)(大阪大学)
平成28年4月 群馬県立女子大学文学部准教授
受賞歴 平成26年 日本現象学会 研究奨励賞(発表「アポリアの始まり――若きデリダのフッサール『算術の哲学』読解――」)
主要研究実績
著書 共著 Flora Bastiani (dir.),Bergson Jankelevitch Levinas Éditions Manucius 平成29年/2017年1月
共著 齋藤元紀/澤田直/渡名喜庸哲/西山雄二編『終わりなきデリダ――ハイデガー、サルトル、レヴィナスとの対話』 法政大学出版局 平成28年/2016年11月
共著 鹿島徹/越門勝彦/川口茂雄編 『リクール読本』 法政大学出版局 平成28年/2016年7月
共著 Flora Bastiani, Svetlana Sholokhova (dir.), Rencontrer l'imprévisible - A la croisée des phénoménologies contemporaines Le Cercle hermeneutique 平成25年/2013年4月
共著 西山雄二編『人文学と制度』 未来社 平成25年/2013年3月
論文 単著 「無限の理念――存在と存在者の彼方で:レヴィナスによる『カントと形而上学の問題』読解より」 フランス哲学・思想研究 (21) 218-229 平成28年/2016年9月
単著 「「存在」の語 を抹消する交差線―差延: デリダの『ハイデガー』講義(1964-1965)より」 『京都大学文学部宗教学研究室紀要』第12号 62-79頁 平成27年/2015年12月
単著 « Con-tangence et archi-facticité - Jacques Derrida et Didier Franck autour
d’Edmund Husserl »  
Interpretationes - Acta Universitatis Carolinae : Studia Philosophica Europeanea, Vol. 4 (No. 1),  pp. 167-185 平成27年/2015年11月
単著 « La citoyenneté comme calcul de l'incalculable » Jean-Michel Counet (dir.), La Citoyenneté. Actes du XXXIVème Congrès de l'Association des Sociétés de Philosophie de langue française (ASPLF). Louvain-la-Neuve / Bruxelles 21-25 aout 2012, La Société Philosophique de Louvain, pp. 483-495 平成27年/2015年10月
単著 „Verwandlung des Verhältnisses von Möglichkeit und Wirklichkeit: László Tengelyis These über die Grundtendenz der Neuen Phänomenologie in Frankreich“ Horizon-Studies in Phenomenology ,Vol. 3 (No. 2), pp. 21-34 平成27年/2015年4月
単著 「マルク・リシールはなぜ現象学の鋳直しを唱えるのか――カントの超越論的理想批判を導きの糸とするフッサール、ハイデガー読解」 『表象』 第9号 182-196頁 平成27年/2015年3月
単著 「知の不可能性において語る声――ジャック・デリダ『声と現象』再読」 『宗教哲学研究』 第32号 109-122頁 平成27年/2015年3月
単著 「デリダと存在神学――カント、ハイデガー、レヴィナスの交錯する場所へ」 『現代思想』 第43巻第2号 308-321頁 平成27年/2015年1月
単著 「詩作と思索を差異化するもの―デリダのハイデガー読解より」 『京都大学文学部宗教学研究室紀要』第11号 3-21頁 平成26年/2014年12月
単著 「アポリアの始まり――若きデリダのフッサール『算術の哲学』読解――」 『現象学年報』 第30号 133-140頁 平成26年/2014年11月
単著 « Vivre une mort - La question de la genèse de l’idéalité chez Derrida à partir de sa réflexion sur la notion husserlienne de
« monde de la vie »
Interpretationes - Acta Universitatis Carolinae : Studia Philosophica Europeanea Vol. 2 (No. 1), pp. 53-69 平成25年/2013年6月
単著 „Über den Beweis des transzendentalen Idealismus bei Husserl - aus den Texten Nr. 5 - Nr. 7 in Husserliana XXXVI -“ Horizon-Studies in Phenomenology, Vol. 1 (No. 2) ,pp. 64-83 平成24年/2012年12月
単著 「不可能性の可能性――デリダのフッサール読解から浮かび上がる信の概念――」 『フランス哲学・思想研究』 第17号 161-169頁 平成24年/2012年9月
単著 „Die Unmöglichkeit, die in der Möglichkeit wohnt - in den Grenzen des „Verendens“, des „Ablebens“ und des „Sterbens“ : Lektüre der Derrida’schen Lektüre Heideggers“ Interpretationes - Acta Universitatis Carolinae : Studia Philosophica Europeanea, Vol. 1(No. 2) ,pp. 57-70 平成24年/2012年5月
単著 「デリダによる超越論的病理論――カント、フッサールを導きの糸とする「来るべきデモクラシー」考」 『表象』第6号125-139頁 平成24年/2012年3月
単著 「レヴィナスにおける主体の脱領域化――カントを背景に」 『宗教哲学研究』 第29号 70-83頁 平成24年/2012年3月
単著 「レヴィナスの思想と懐疑論――哲学における真理基準遡行の足跡」 『現代思想』 第40巻第3号 190-207頁 平成24年/2012年2月
単著 « Le « surplus » - de la corporéité au langage de l’éthique dans l’héritage lévinassien de la phénoménologie » Interpretationes - Acta Universitatis Carolinae : Studia Philosophica Europeanea, Vol. 1(No. 1) ,pp. 113-123 平成23年/2011年2月