教員一覧

H29.4.1現在
氏名 井村まなみ IMURA Manami
所属 文学部総合教養学科
教授
文学部総合教養学科長
略歴等
主な学歴 1980年3月 神戸大学文学部(西洋比較文学専攻)卒業
1982年3月 大阪外国語大学フランス語学科(学士入学)卒業
1984年3月 神戸大学修士課程修了
1988年9月 パリ第8大学博士課程入学(フランス政府給費留学生)
1989年11月 同大学にてDEA取得
1991年3月 神戸大学博士課程満期退学
学位 1997年11月 文学博士(パリ第8大学)
主な職歴 1986年−1988年 関西日仏学館非常勤(文化部門担当)
1995年−1997年 École Polytechnique 外国語学科vacataire
1998年−1999年 神戸大学国際文化学部、関西学院大学法学部、英知大学英文学科、大阪外国語大学フランス語科非常勤講師
1999年−2007 群馬県立女子大学助教授
2008年− 群馬県立女子大学教授
専門等
専門分野 19世紀フランス詩
担当科目 フランス語・フランス文学
研究課題 象徴派詩人と近代化の関係
所属学会 日本フランス語フランス文学会、日本比較文学会
主要研究実績
著書 単著 Poétique de la négation dans Derniers vers
d’Arthur Rimbaud (博士論文)
  Septentrion, 2000.
論文 単著 花の値―『第1次、第2次現代高踏派詩集』に於ける「花」の表象― 『群馬県立女子大学紀要』36号 2015年2月
単著 ランボーの顔、詩の肖像―詩人に顔はあるか 『流域 72 RENOUVEAU 2013』 2013年5月
単著 ランボーの顔、詩の肖像―詩人に顔はあるか 『流域 71 HIVER 2012』 2012年12月
単著 « Poésie et économie ― Rimbaud et Marx, leur climat commun » Rimbaud «littéralement et dans tous les sens», Hommage à Gérard Martin et Alain Tourneux 2012年8月
単著 Originalités de Sensation, au-delà des modéles et des topoi in Parade sauvage, numéro spécial, hommage à Steve Murphy, sous la direction de Yann Frémy et Seth Whiden, octobre 2008, p309-323 2008年10月
単著 ≪ Ce qu’est d’attendre à la gare : "Âme, te souvient-il...” ≫ in Europe, nº 936, Verlaine, avril 2007. 2007年4月
単著 La Bonne Chansonの課題―待機と都市詩篇―」 『群馬県立女子大学紀要』第28号 2007年2月
単著 ≪Rimbaud et Sakutarô―Destination de leurs “Trains de nuit”―≫ in Arthur Rimbaud à l'aube d'un nouveau siècle, Colloque, Kyoto, direction Hitoshi Usami, préface Pierre Brunel, Klincksieck, mai 2006, p. 119-132. 2006年5月
単著 「詩に都市<風景>を書き込む―ボードレールとヴェルレーヌの場合―」 『群馬県立女子大学紀要』第27号 2006年2月
単著 ≪Poésie et province : Les Premières Communions in Parade sauvage, Colloque nº 5, Charleville-Mézière, 16-19 septembre 2004, “Vie et poétique de Rimbaud”, dirigé par Steve Murphy, décembre 2005, p. 225-246. 2005年12月
単著 「『イリュミナシオン』より「労働者たち」の構造分析―散文詩の構成」 『群馬県立女子大学紀要』第26号 2005年2月
単著 「詩と散文の混在―ジャック・レダのRécitatifより≪La Fête est finie≫をめぐって―」 『群馬県立女子大学紀要』第25号 2004年2月
単著 「ランボー、手紙の書き手として―「アフリカ書簡」をめぐる考察―」 『群馬県立女子大学紀要』第24号 2003年2月
単著 「詩への接近、散文への途上―ジャック・レダの初期詩篇よりAmenの分析―」 『群馬県立女子大学紀要』第23号 2002年2月
単著 「『オフェリア』の水―詩・絵画・演劇をめぐって―」 『群馬県立女子大学紀要』第21号 2000年2月
単著 「アルチュール・ランボーの『後期韻文詩』に於ける否定の詩学」 『フランス語フランス文学研究』Nº 73(日本フランス語フランス文学会) 1998年11月
単著 ≪Efficace du voir dans les Illuminations in Études de Langue et Littérature Françaises Nº 64(日本フランス語フランス文学会) 1994年6月
単著 「否定の詩学―ランボーの否定と肯定―序章」 『EBOK』第6号(神戸大学仏語仏文学研究会) 1994年3月
単著 「『イリュミナシオン』に現われる視覚の作用(1)―『精霊』の場合」 『EBOK』第5号(神戸大学仏語仏文学研究会) 1993年4月
単著 Mémoire du regard≫ in Rimbaud vivant Nº 32 (Association les AMIS DE RIMBAUD) 1992年
単著 「ランボー後期韻文詩より『記憶』の分析」 『EBOK』第3号(神戸大学仏語仏文学研究会) 1991年3月
単著 「風景の変容―ランボーの詩篇≪Plates-bandes
d’amarantes…≫をめぐって」
『EBOK』第2号(神戸大学仏語仏文学研究会) 1990年4月
単著 ≪Négation et Affirmation dans Une Saison en enfer パリ第8大学DEA取得論文 1989年11月
単著 「『錯乱I』に於ける否定言表の問題」 『EBOK』創刊号(神戸大学仏語仏文学研究会) 1988年12月
単著 「アルチュール・ランボー研究」 神戸大学修士論文 1984年3月
翻訳 単著 ≪Un éléphant est mort≫ Julie Brock,「象が死んだ」(安部公房死去追悼記事) 『へるめす』、岩波書店 1993年5月