教員一覧

H29.4.1現在
氏名 室田知香 MUROTA Chika
所属 文学部国文学科
准教授
略歴等
主な学歴 1997年3月 東京大学文学部歴史文化学科美術史学専修課程卒業
1999年3月 東京大学大学院人文社会系研究科美術史学専門分野修士課程修了
2003年3月 東京大学大学院人文社会系研究科日本語日本文学専門分野修士課程修了
2010年3月 東京大学大学院人文社会系研究科日本語日本文学専門分野博士課程修了
学位 1999年3月 修士(文学)(東京大学)
2003年3月 修士(文学)(東京大学)
2013年10月 博士(文学)(東京大学)
主な職歴 2009年4月 実践女子大学文学部国文学科非常勤講師(〜2010年3月)
2010年4月 ロンドン大学SOAS客員研究員(〜2011年3月)
2011年4月 成蹊大学非常勤講師(〜2012年3月)
2012年4月〜2017年3月 群馬県立女子大学文学部国文学科専任講師
2017年4月〜 群馬県立女子大学文学部国文学科准教授
専門等
専門分野 平安文学
担当科目 中古文学講義講読1・2、中古文学演習1・2、中古文学史、卒業論文指導、古文読解法、(大学院)中古文学研究、(大学院)中古文学演習1・2
研究課題 『源氏物語』研究、平安和歌研究
所属学会 中古文学会、日本文学協会、和漢比較文学会、東京大学国語国文学会、群馬県立女子大学国語国文学会
主要研究実績
著書 共著 『鳥獣虫魚の文学史 虫の巻』 三弥井書店 2012年1月
研究論文 単著 「父なるものの諸相―若菜上―」 『新時代への源氏学3 関係性の政治学U』(竹林舎) 2015年5月
単著 「『栄花物語』の後宮史叙述―月の宴巻・村上天皇後宮を中心に―」 『王朝歴史物語史の構想と展望』(新典社) 2015年3月
単著 「柏木の死が拓くもの」 『日本文学』61巻6号 2012年6月
単著 「女三宮の裳着と「後見」光源氏」 『国語と国文学』88巻2号 2011年2月
単著 「『源氏物語』第二部後半の『竹取物語』受容」 『中古文学』85号 2010年6月
単著 「死者と昇天―『竹取物語』再会へ―」 『むらさき』45輯 2008年12月
単著 「光源氏の後宮理念―若菜上巻冒頭の皇女降嫁論に関連して―」 『国語国文』77巻11号 2008年11月
単著 「若菜上巻冒頭における「後見」の論理と光る源氏―史上の皇女の入内・結婚と『源氏物語』とのあいだ―」 『古代中世文学論考』第21集 2008年5月
単著 「柏木物語の引用的表現とその歪み―「帝の御妻をも過つたぐひ」の像と柏木―」 『日本文学』56巻12号 2007年12月
単著 「夕顔物語の発端」 『国語と国文学』81巻9号 2004年9月
辞書・辞典 項目執筆 『王朝文化辞典 万葉から江戸まで』 朝倉書店 2008年11月
書評 単著 「植田恭代『源氏物語の宮廷文化――後宮・雅楽・物語世界』」 『国語と国文学』87巻12号 2010年11月
教科書・参考書 共著 「読書ガイド」(高田祐彦・土方洋一『仲間と読む 源氏物語ゼミナール』) 青簡舎 2008年6月
共著 『精選古典講読』 明治書院 2005年3月