教員一覧

H29.4.1現在
氏名 市川祥子  ICHIKAWA Shoko
所属 文学部国文学科
教授
略歴等
主な学歴 1987年3月 早稲田大学第一文学部日本文学専修卒業
1991年3月 早稲田大学大学院文学研究科日本文学専攻修士課程修了
学位 1991年3月 文学修士
主な職歴 1991年6月 群馬県立女子大学助手
2005年4月 群馬県立女子大学専任講師
2009年4月 群馬県立女子大学准教授
2014年4月 群馬県立女子大学教授
専門等
専門分野 日本近代文学
担当科目 基礎ゼミ、日本語文章表現、日本語日本文学基礎演習、近代文学史、近代文学講義講読、近代文学演習、卒業論文指導、近代文学研究(文学研究科)、近代文学演習(文学研究科)
研究課題 日本近代文学、特に泉鏡花、群馬県の文学について
所属学会 日本近代文学会、泉鏡花研究会、群馬県立女子大学国語国文学会
主要研究実績
論文 単著 「十和田湖」「啄木鳥」「御存じより」と伝説 「群馬県立女子大学文学研究」第36号 〔群馬県立女子大学〕 2016年3月
単著 博文館版『紅葉全集』第四巻の校正と泉鏡花 「群馬県立女子大学紀要」第37号 〔群馬県立女子大学〕 2016年2月
単著 「第二崑蒻本」と上州 「群馬県立女子大学紀要」第36号 〔群馬県立女子大学〕 2015年2月
単著 四代目澤村田之助の墓について 「群馬県立女子大学紀要」第34号 〔群馬県立女子大学〕 2013年2月
単著 上毛新聞文芸関連記事調査【8】 「群馬県立女子大学紀要」第33号 〔群馬県立女子大学〕 2012年2月
単著 「愛火」の愛の火 『論集泉鏡花』第5集 〔泉鏡花研究会編・和泉書院〕 2011年9月
単著 「恋女房−吉原火事−」−怪談との関わりから− 「解釈と鑑賞」第74巻9号 〔至文堂〕 2009年9月
単著 「紅玉」論―仮装・メーテルリンク 『論集泉鏡花』第4集 〔泉鏡花研究会編・和泉書院〕 2006年1月
単著 「上毛新聞」と有島武郎 「群馬県立女子大学国文学研究」第25号 〔群馬県立女子大学国語国文学会〕 2005年3月
単著 「上毛新聞」と与謝野晶子 「群馬県立女子大学国文学研究」第24号 〔群馬県立女子大学国語国文学会〕 2004年3月
単著 中沢静雄素描 「群馬県立女子大学国文学研究」第23号 〔群馬県立女子大学国語国文学会〕 2003年3月
単著 白石実三宛綿貫六助書簡について 「群馬県立女子大学紀要」第24号 〔群馬県立女子大学〕 2003年2月
単著 「斧琴菊」の機構 『論集昭和期の泉鏡花』 〔泉鏡花研究会編・おうふう〕 2002年5月
単著 綿貫六助素描 「群馬県立女子大学国文学研究」第22号 〔群馬県立女子大学国語国文学会〕 2002年3月
単著 『書上タイムス』「文芸欄」調査 「群馬県立女子大学国文学研究」第21号 〔群馬県立女子大学国語国文学会〕 2001年3月
単著 高峰の恋、宗朝の恋―「外科室」と「高野聖」との書かれない時間をめぐって― 「群馬県立女子大学紀要」第22号 〔群馬県立女子大学〕 2001年2月
単著 「山吹」のマゾヒズム 『論集大正期の泉鏡花』 〔泉鏡花研究会編・おうふう〕 1999年12月
単著 「深沙大王」と深大寺―〈文字の技巧〉論の緒として― 『論集泉鏡花』第三集 〔泉鏡花研究会編・和泉書院〕 1999年7月