大学の目的等

大学の目的

広く知識を授け、深く専門の学芸を教授研究するとともに、家庭生活の向上及び地域社会における文化の進展に寄与し、更に国際化社会に対応し得る広い教養と豊かな情操を備えた人材を育成することを目的とする。

pdf学部および研究科ごとの目的はこちら(PDF116KB)

3つのポリシー



大学設置の趣旨

 昭和50年代初めにおける我が国の高等教育の進展は、まことに目覚しいものがあり、大学短大等への進学率は30%をこえ、特に女子の大学進学志向は、女性の社会的進出が進む中で著しく伸長し、すでにその進学率は男子の進学率を超えた。
 本県においては、大学・短大等への進学率は逐次伸長を示してきたが、なお、全国平均を10%近くも下回っていた。特に女子は、進学志望率は大きく伸びたが、進学率の伸びは緩慢で、また、進学者の大部分が県外に進学しているという実態等から、県民の間に、一日も早く地元に女子大学を設置してほしいという要望が高まってきていた。
 本学は、このような県民の切実な要望に応えるとともに、今後進展する国際化社会に対応して、次代を担う女子を育成するため、昭和52年1月以来、県立女子大学の設置が本県教育百年の大計として県政の最重要施策として推進されることとなった。こうして、昭和55年4月、県民の要望をできるだけ踏まえ、本県教育文化振興の拠点ともなる県立女子大学にふさわしい、特色のある大学として、文学部の中に国文学科、英文学科及び美学美術史学科の3学科を持つ4年制の女子大学として設置された。

 また、国際社会に対応しうる有能な女性の育成という本学の建学理念を実現し、特色豊かな大学への改革と群馬県の発展にも資する大学として機能することを目指して、平成17年4月、国際コミュニケーション学部を設置し、2学部構成の大学となった。
 さらに、平成21年4月、社会が求める総合教養力豊かな人材を育成するため、文学部に総合教養学科を設置して4学科体制となった。また、平成22年4月、文学部英文学科を英米文化学科へ学科改編した。